主体107(2018) 7七月 22日

6・15共同宣言実践民族共同委が6・15の精神で板門店宣言を徹底的に履行して自主統一の未来を早めていくことを決議

【平壌6月15日発朝鮮中央通信】6・15共同宣言実践北側・南側・海外側委員会が6・15共同宣言発表18周年に際して15日、決議文を発表した。

6・15共同宣言実践民族共同委員会は、平和・繁栄の新時代、自主統一の新しい歴史を先頭に立って切り開く意志を抱いて、次のように決議した。

1.6・15共同宣言とそれを継承した板門店(パンムンジョム)宣言を民族共同の統一里程標として確固ととらえていく。

われわれは、民族史の新しい出発を宣言し、6・15時代を力強く前進させてきた6・15共同宣言を祖国統一のその日まで民族共同の統一大綱として変わることなく高く掲げていく。

6・15共同宣言で闡明(せんめい)され、板門店宣言で再確認された通り、わが民族の運命はわれわれ自らが決定するという民族自主の原則を確固と堅持していく。

北南関係が、板門店宣言が明示した里程標に従って活力に満ちて前進していくように力強く促し、民族内部問題、北南関係問題に対するいかなる干渉と専横に対しても断固と排撃していく。

2.板門店宣言履行のための全民族的運動を果敢に展開して民族の和解と団結を積極的に図っていく。

われわれは、各北南宣言発表記念日をはじめ北と南にとって共に意義のある日を契機に、当局と議会、政党、地方自治団体、民間団体など、各階層が参加する民族共同行事を共に推し進め、その過程を通じて民族的和解と統一の雰囲気をいっそう高調させていく。

北・南・海外の各階層別、部門別、地域別団体間の接触と往来を奨励し、特性に合う多様な統一会合を活性化して、わが民族が居る全ての所で板門店宣言履行の熱気が満ち溢れるようにする。

3.朝鮮半島で軍事的緊張状態を緩和し、戦争の危険を解消するための活動をより積極化していく。

われわれは、朝鮮半島の恒久的で強固な平和体制構築のために共に努力し、北南間に再び不信と反目を助長して同胞の志向と板門店宣言の精神に背ちして軍事的緊張を激化させるあらゆる行為を阻止させるための大衆運動を力強く繰り広げていく。

先鋭なホットスポットである軍事境界線非武装地帯を実質的な平和地帯に作り、西海を平和の海に作り、戦争の不安がない平和・繁栄の新時代を開こうとするわが同胞の気概と意志を力強く宣揚していく。

感想文
Change the CAPTCHA codeSpeak the CAPTCHA code
 

Copyright © 2003 - 2018 《Korea Ryugilo Editorial Bureau》

All Rights Reserved