主体107(2018) 6月 25日

『城隍堂』式演劇はどんな演劇ですか?

『城隍堂』式演劇は、内容においてチュチェ思想の要求どおりに人民大衆を押し立て、人民大衆に奉仕するチュチェの人間学の要求を具現しています。

チュチェ思想の要求と人民大衆の志向に即して、革命と建設で人民大衆が占める主人としての地位と彼らが果たす決定的な役割を高い芸術的境地で描いています。

『城隍堂』式演劇は、形式においてもチュチェ思想の要求を具現した人民的な演劇です。格式化した構成の枠に生活の内容を合わせるのではなく、生活の内容に応じて場面を設定し、総体的な構成を立てるべきであるという形象創造の原理に基づいて多場面構成形式を取り入れました。

『城隍堂』式演劇形式の特徴は舞台美術にも現れています。劇の発展に応じて装置と背景を絶えず変えて、生活をリアルに生き生きと、幅広く深く見せることのできる新しい流れ式立体舞台美術を導入しました。

『城隍堂』式演劇形象の重要な特徴は音楽を取り入れたことです。人物のさまざまな思想・感情を表わし、劇を後押しし、俳優の演技を自然なものにして場面を情緒的に転換させるのに積極的に作用する音楽を取り入れることによって、情緒があふれるようになり、感化力がさらに高まり、舞台総合芸術としての面貌も一層整いました。

感想文
Change the CAPTCHA codeSpeak the CAPTCHA code
 

Copyright © 2003 - 2018 《Korea Ryugilo Editorial Bureau》

All Rights Reserved