主体107(2018) 12月 15日

5大革命演劇はどんな演劇ですか?

朝鮮の5大革命演劇は、キムジョンイル総書記の指導の下に、キムイルソン主席が抗日革命闘争の時期に創作した不朽の名作を『城隍堂』式演劇としてリメークした革命演劇『城隍堂』『血噴万国会議』『娘からの手紙』『三人一党』『慶祝大会』です。

1978年に国立演劇団が創作した革命演劇『城隍堂』は、人間の不幸と苦痛は宿命であり、それを免れるためには城隍堂に真心をささげなければならないと考えている老女と、抑圧と搾取に反対して闘い、人間の尊厳を守ろうとする聡明な青年の対照的な姿を通して、人は「神」や「鬼神」を信じるのではなく、自分の力を信じ、自分の運命を自分の力で切り開かなければならないということを明かしています。

1984年に創作された革命演劇『血噴万国会議』は、「ハーグ密使事件」をクライマックスとする李儁の国権回復のための活動過程を歴史的事実に基づき、当代の時代相と各階層の人物の生活をリアルに描きながら、他国の力を信じれば国が滅びるという思想を解き明かしています。

1987年に『城隍堂』式演劇としてリメークした革命演劇『娘からの手紙』は、知識は光明であり無知は暗黒であるという生活の真理をユーモラスな笑いの中で解き明かしています。

1987年に『城隍堂』式演劇として作り直した革命演劇『三人一党』は、「松涛国」という架空の国で王が死んだ後、王位争いをして国を滅ぼす3人の大臣の風刺的形象を通じて派閥争いと分裂の教訓を与えています。

1988年に創作された革命演劇『慶祝大会』は、抗日遊撃隊が日本軍の「討伐隊」を掃滅し、敵が遊撃隊を「掃滅」したとデマを流して開いた「慶祝大会」を遊撃隊と人民の慶祝大会に変えるというストーリーです。

感想文
Change the CAPTCHA codeSpeak the CAPTCHA code
 

Copyright © 2003 - 2018 《Korea Ryugilo Editorial Bureau》

All Rights Reserved