主体107(2018) 9月 22日

朝鮮の4大舞踊はどんな舞踊ですか?

朝鮮の4大舞踊は『祖国のツツジ』『雪が降る』『リンゴの豊作』『箕の舞』です。

1967年に国立歌舞団が創作した群舞『雪が降る』は、キムイルソン将軍に限りなく忠実な朝鮮人民革命軍隊員の革命勝利に対する鉄石の信念と百折不撓の革命精神、そして朝鮮人民が享受している幸福がどのようにもたらされたかを深みのある舞踊形象によって描き出しています。

1971年にマン寿芸術団が創作した舞踊『祖国のツツジ』は、祖国と人民をこよなく愛し、解放された祖国で将軍を高く仰ぎ、忠誠を尽くそうとする朝鮮人民革命軍の女子隊員の祖国愛と革命的楽観主義を描いています。

1972年にランボン芸術団が創作した群舞『リンゴの豊作』は、主席が果樹栽培業を発展させるために提示した方針の正当性とその生命力をリンゴの取り入れをする娘たちの張り合いのある労働生活を通して感銘深く描き出しています。

1972年にピバダ歌劇団が創作した舞踊小品『箕の舞』は、月夜に水車で搗いた米を箕でふるう娘たちの姿を通して、抗日革命闘争の時期、将軍を民族の太陽として高く仰ぎ、祖国解放の日を早めるために朝鮮人民革命軍を誠心誠意支援する人民の真心を生き生きと描いた女性群舞です。

これらの舞踊は世界に広く知られています。

感想文
Change the CAPTCHA codeSpeak the CAPTCHA code
 

Copyright © 2003 - 2018 《Korea Ryugilo Editorial Bureau》

All Rights Reserved