主体107(2018) 9月 25日

農勤盟活動家と農業勤労者の詩朗誦の集い

キムイルソン主席の逝去24周忌に際する農勤盟(朝鮮農業勤労者同盟)活動家と農業勤労者の詩朗誦の集いが5日に行われた。

集いで各出演者は、主席の業績を詩と歌謡に込めてたたえた。

叙事詩「この国の人民は語る!」で出演者は、主席の高邁な風ぼうを伝えた。

農業の総合的機械化のための物質的・技術的土台を築いてくれた主席への有難さが長編叙事詩「太陽と五穀百果」で噴出した。

農業勤労者の革命的熱意を込めた女声独唱「あぜ道を歩くとき」をはじめとする演目も舞台に上がった。

農勤盟中央委員会のキムチャンヨプ委員長、農勤盟の活動家らが集いに参加した。

感想文
Change the CAPTCHA codeSpeak the CAPTCHA code
 

Copyright © 2003 - 2018 《Korea Ryugilo Editorial Bureau》

All Rights Reserved