主体107(2018) 7七月 16日

高麗医学研究院はどんな所ですか?

ピョンヤンドンガン区域にあるリョ医学研究院は、朝鮮民族が5000年にわたって創造し、発展させてきた伝統医学である高麗医学の研究を行い、高麗医学的方法と現代医学的方法を組み合わせて病気を予防、治療することによって人々の健康を守り、増進させることを使命としています。

大規模な高麗医学研究院では、学位・学職取得者を含む数百人の有能な専門家が研究・治療予防活動を行っています。

高麗医学研究院は、国の高麗医科学の研究、高麗医学的治療・予防、高麗医科学人材育成の中心基地、世界保健機関の伝統医学協同研究の中心基地としての役割を果たしています。

これまで高麗医学研究院は、朝鮮に豊富な高麗薬と鍼、灸、吸角、手法などを用いて数多くの患者を全快させました。特に、高血圧病、糖尿病、動脈硬化症、高脂血症などの成人性及び老人性疾病、脳出血、脳血栓症など発病率の高い疾病、特発性壊疽、癲癇などの難治性疾病などの治療と予防で大きな成果を収め、この過程できわめて効果的な治療法と高麗薬を多く開発しました。

高麗医学研究院は、対外交流雑誌『世界保健機関伝統医学協同研究中心技術通報』と『世界保健機関伝統医学協同研究中心学報』を発行し、『臨床針灸治療』『1次医療サービス界線における民間療法』などの単行本を英文で出版して対外交流も行っています。

感想文
Change the CAPTCHA codeSpeak the CAPTCHA code
 

Copyright © 2003 - 2018 《Korea Ryugilo Editorial Bureau》

All Rights Reserved