主体108(2019) 10月 17日

生産工程を朝鮮式で

 最近、興南肥料連合企業所では生産工程の技術改造が力強く進められている。

 企業所ではアンモニア生産工程に濃縮分離塔とアンモニア蒸発器を新しく設置し、発生炉に供給される酸素濃度をコンピューターによって監視、制御するシステムを確立するなどさまざまな技術改造を行った。

 そして、褐炭ガス発生炉の一部の工程と系統を改造して無煙炭ガス化による肥料生産工程にかえた。

 また、アンモニア合成触媒、メタン化触媒、清浄炭酸ガス脱硫触媒などさまざまな触媒を生産するための製造用設備も自力で製して肥料生産に利用している。

感想文
Change the CAPTCHA codeSpeak the CAPTCHA code
 

Copyright © 2003 - 2019 《Korea Ryugilo Editorial Bureau》

All Rights Reserved