主体107(2018) 9月 23日

養魚はどのように発展させているのですか?

大小の河川や湖、人造湖が多い朝鮮では、養魚の発展に深い関心が払われています。

各地にナマズ工場などの養魚場が建設され、そこでは養魚を科学化、集約化し、工業的方法で魚類を生産しています。少量の餌料で早く育ち、生命力の強い品種を育成して養魚場に送る魚類育種システムが確立しています。また、速成餌料と自然餌料による養魚を組み合わせて餌料の問題を円滑に解決するなど、先を見通して養魚を発展させています。

また、養魚で省力型、節水型方法を取り入れ、海上養魚、囲い網養魚を広く展開しています。

主な養魚場は、ピョンヤンナマズ工場、ドンガンウナギ工場、リョンジョン養魚場、ジャン養魚場、ポムアン養魚事業所などです。

朝鮮の西海岸に大規模のチョウザメ養魚システムが確立しており、東海地区には、タイセイヨウサケなど高級魚族の研究及び養魚、加工が一体化された総合的な養魚研究所と養魚場があります。

感想文
Change the CAPTCHA codeSpeak the CAPTCHA code
 

Copyright © 2003 - 2018 《Korea Ryugilo Editorial Bureau》

All Rights Reserved