主体107(2018) 12月 13日
陶磁器工芸術の高い域を見せる渤海三彩陶磁器

【平壌3月13日発朝鮮中央通信】朝鮮人民の優れた民族遺産の中には、渤海の名物である渤海三彩陶磁器もある。

この陶磁器は、3色の上薬を塗って焼いたものとして外国に広く知られている。

一般的に装飾が簡素で、形態が自然で洗練され、色が明るくてソフトな感じを与えるばかりか、軽くて堅固なのが特徴である。

特に、陶磁器に利用された上薬が清くてソフトな感じを与えるので、陶磁器がきわめて細やかで上品に見える。

陶工は、複数の色の上薬を塗った陶磁器に紋様を入れてその美しさをいっそう際立たせた。

いろいろな色の上薬の巧みな活用と配合、紋様と上薬の結合は、渤海の人々が陶磁器工芸分野において収めた大きな成果の一つである。

これを通じて、陶磁器および上薬製造術と陶磁器工芸術の高い域をうかがうことができる。

当時、渤海三彩陶磁器は外国に多く輸出されて「羽毛のように軽い」という絶賛を博した。---

感想文
Change the CAPTCHA codeSpeak the CAPTCHA code
 

Copyright © 2003 - 2018 《Korea Ryugilo Editorial Bureau》

All Rights Reserved