主体107(2018) 7七月 17日

 

 

党委員長が第5回党細胞委員長大会で演説

【平壌12月24日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長である同志は23日、朝鮮労働党第5回細胞委員長大会の第3日会議で、歴史的な演説「党細胞を忠誠の細胞、党政策貫徹の前衛隊伍に強化しよう」を行った。

朝鮮労働党委員長同志は、今大会で朝鮮労働党第4回細胞書記大会以降、党細胞の活動で収められた成果と経験、内在していたり、あらわになった欠陥が正確に分析、総括されたと述べ、大会が今後、党細胞をいっそう強化するための正しい闘争方向を立てられるようにする重要な契機になったと語った。

朝鮮労働党委員長同志は、こんにち、わが党の前には全党の主義化の旗印を高く掲げて党の指導力と戦闘力を強化し、第7回党大会が提示した社会主義強国建設のより高い目標を達成すべき任務が提起されており、党の前に提起された重大な任務を成功裏に遂行するには基層党組織、特に党細胞の機能と役割をいっそう強め、積極的な活動が展開されなければならないと述べた。

党細胞を強化するのはわが党の大衆的地盤を強固なものにし、党の指導的役割と戦闘的威力を強化するためのキーポイントとなる。

現時期、党細胞を強化するのはわれわれの前に横たわったあらゆる試練と挑戦を切り抜けて社会主義強国建設偉業の勝利的前進を加速化するための差し迫った要求に提起されている。

全党の党細胞は「党細胞を忠誠の細胞、党政策貫徹の前衛隊伍に強化しよう!」というスローガンを高く掲げなければならない。

党細胞を党中央の構想と意図に即して強化できるかできないかは全的に、細胞委員長の役割にかかっている。

第4回細胞書記大会以降、党細胞の戦闘力がより強化され、細胞委員長の風ぼうと活動スタイルが多く改善されたが、いまだ党細胞の活動気風と実践力、活動性は党中央が求める高さに至っていない。

党細胞委員長が細胞内の全ての党員を堅実な革命家、真の主義者にしっかり準備させることに基本を置いて党生活の組織と指導を強化しなければならない。

党細胞委員長は、党員の思想生活を強化することに優先的な関心を払い、5大教育活動をより深化させていかなければならない。

党細胞委員長は、党の唯一的指導体系を確立し、党員の党性を鍛練することに重点を置いて組織生活に対する指導と統制を綿密にしなければならない。

細胞委員長は、党員の間で自己批判と相互批判を強めてあらゆる否定的現象に反対する闘争を活発に展開しなければならない。

朝鮮労働党委員長同志は、党生活においては特殊があり得ず、党細胞の中に二重規律を許してはならないと述べ、幹部が属している党細胞で幹部の党生活に対する要求の度合いを強めて彼らが平党員の姿勢で党生活に誠実に参加し、党組織の教育と統制の下で緊張して働いていくようにすることについて指摘した。

朝鮮労働党委員長同志は、党細胞委員長は細胞を党政策貫徹の前衛隊伍に強化することに党細胞活動の火力を集中すべきであると述べた。

党細胞委員長は現時期、細胞活動の中心を党中央委員会第7期第2回総会の決定貫徹と国家経済発展5カ年戦略目標の遂行に置いて、党員と勤労者をその実現のための闘争へ総動員すべきである。

特に、現情勢の要求に即して全ての党員と勤労者が必勝の信念と自力に対する確信をもって自力更生、刻苦奮闘の闘争精神を強く発揮し、難関と隘路を克服して生産的高揚を起こしていくように力強く鼓舞、激励すべきであると語った。

党政策の貫徹と革命課題の遂行で集団的革新と集団的英雄主義が強く発揮されるようにするには、対人活動を彼らの心との活動、感情との活動に転換させなければならない。

党細胞委員長は主義党の初級政治活動家らしい風ぼうと革命的大衆工作方法を体得するために積極的に努力しなければならない。

朝鮮労働党委員長同志は、現時期、朝鮮式社会主義を守るうえで害毒的作用をする非社会主義的現象について指摘し、その原因は党組織と勤労者団体組織、活動家たちが党員と勤労者の間で教育活動をねばり強く行わず、思想闘争の強度を高めないところにあると強調した。

朝鮮労働党委員長同志は、非社会主義的現象を根絶するための一大革命的な攻勢を繰り広げることについて指摘し、党員と勤労者を教育して革命家に育てる拠点であり、朝鮮式社会主義を守る末端革命前哨である党細胞から闘争を繰り広げることについて指摘した。

互いに尊重して信頼して協力し、痛い人、不便な人、困難な人を助けて喜びも悲しみも共にし、みんなが幸せに豊かに暮らし、こぞって前進する真の人倫と朝鮮式の優れた社会主義道徳が全社会を支配するようにすべきであると述べた。

われわれの社会主義文化芸術が腐り切ったブルジョア反動文化を圧倒してこそ、人々が敵の文化に対して幻想を抱かないようになり、帝国主義者の思想・文化浸透を粉砕することができると語った。

全党が党細胞を重視して細胞活動の改善に注力すべきであると述べた。

各級党委員会は細胞委員長の隊列を立派に固め、彼らの政治実務水準を高めることに力を入れなければならない。

党細胞の戦闘的機能と役割を強めるうえで提起される問題を党委員会の活動計画に反映して対策を取り、党活動家が直接党細胞に入って細胞活動に力添えしなければならない。

忠誠の党細胞になるための活動を力強く推し進め、忠誠の党細胞になった細胞でその栄誉を固守し、引き続き輝かすように党的指導を深化させなければならないと述べた。

党細胞の強化はわが党の強化であり、党細胞の役割はわが党の指導力と戦闘力であると語った。

朝鮮労働党委員長同志は、われわれみんなが党と革命に対して担った使命感を深く自覚し、朝鮮労働党の強化、発展とチュチェの革命偉業の勝利のために力強く闘っていこうとアピールした。

感想文
Change the CAPTCHA codeSpeak the CAPTCHA code
 

Copyright © 2003 - 2018 《Korea Ryugilo Editorial Bureau》

All Rights Reserved