朝鮮人強制連行被害者・遺族協会の代弁人が日本の万古の罪悪を絶対に忘れず、百倍、千倍の血の代価を払わせると主張

 

朝鮮人強制連行被害者・遺族協会の代弁人は、日帝が犯罪的な「国家総動員法」を作り上げて公布した時から83年になることで1日、談話を発表した。

談話は、1938年4月1日、第1次近衛内閣によって作り上げられた「国家総動員法」は自分らの無謀な侵略戦争の拡大を正当化し、その遂行に必要とされる人的および物的資源を「総動員」するという美名の下に強権で略奪して充当するためのファッショ的な戦時悪法であったと暴露した。

この悪法が作り上げられて公布された時から日帝が敗北した1945年8月まで、おおよそ840万人余りに及ぶ朝鮮人が国内はもちろん、日本の炭鉱、鉱山、造船所、ダム、鉄道の工事現場などの苦役場と中国、南洋群島をはじめとする日帝侵略軍の戦場に連行されて長時間の過酷な奴隷労働と虐待、悲惨な弾除けの運命を強いられたと指摘し、談話は次のように明らかにした。

その時から、日帝は日本軍「慰安婦募集」をいっそう本格化し、10代の少女から人妻に至るまで20万人に及ぶ朝鮮人女性を誘拐、拉致して野獣のような日帝侵略軍の性奴隷につくった。

実に、日帝が数多くの朝鮮人を侵略戦争の弾除けに、労働奴隷と性奴隷に連行して苦痛と死を強要した非人間的蛮行は、人類史にその類のない特大型国家犯罪である。

にもかかわらず、日本当局は日本帝国主義が働いた過去の反人倫犯罪について深く反省し、謝る代わりに、あくまでも否定して正当化し、その責任から逃れようとあらゆる破廉恥な術策を弄している。

さらに我慢できないのは、日本帝国主義の最大の被害者であるわが朝鮮を常に目の上のこぶと見なして国際舞台で悪意に満ちた妄言をこととし、朝鮮半島再侵略の企図を露骨にさらけ出すばかりでなく、強制連行の被害者、子孫である総聯(朝鮮総聯)と在日朝鮮人を弾圧し、制裁を加えたあげく、在日朝鮮生徒と子供たちにまで暴圧の魔手を伸ばして彼らの教育権と保育権を重大に侵害していることである。

談話は、いくら歳月が流れ、世代が交代しても、われわれは日本の万古の罪悪を絶対に忘れないであろうし、百倍、千倍の血の代価を払わせるであろうと強調した。

 

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2021 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved