金英哲党部長が談話発表

 

 

金英哲党部長が談話発表

 

【平壌8月11日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党中央委員会の金英哲部長は11日、次のような談話を発表した。

南朝鮮当局は、朝鮮半島の平和と安定を願う全同胞と内外の一致した期待の中でかろうじてもたらされた反転の機会に顔を背け、8月10日からわが国家を敵として行う戦争演習をまたもや繰り広げる狂気を振るい始めた。

朝鮮労働党中央委員会の金與正副部長は党中央委員会の委任によって去る8月1日、南朝鮮が米国と繰り広げる戦争演習が北南関係の前途をいっそう暗たんたるものにする好ましくない前奏曲になるということを想起させ、希望と絶望という両者択一は全的に、南朝鮮当局がすることになるという意味深長な警告を込めて談話文を発表した。

南朝鮮当局に明白な選択の機会を与えたのである。

にもかかわらず、南朝鮮当局は今回、弁解の余地もなく自分らが機会あるたびに口癖のように唱えてきた平和と信頼というものが単なる無駄口にすぎないということを自らさらけ出した。

われわれの勧めの言葉を無視して同族との和合ではなく外部勢力との同盟を、緊張緩和ではなく緊張激化を、関係改善ではなく対決という道を選択したのである。

機会を前にして、南朝鮮当局が自分らの明白な選択を全世界に告げた以上、われわれも今やそれ相応のより明白な決心を下さなければならない。

われわれはすでに宣明した通りに、彼ら自らがどんなに危険な選択をしたのか、間違った選択によって自らがどんなにおびただしい安保危機に迫っているのかを時々刻々感じられるようにするであろう。

北南関係改善の機会を自分の手でなくしてしまい、われわれの善意に敵対行為で応えた代償についてはっきり分かるようにしなければならない。

南朝鮮と米国が相変わらずわが国家との対決を選択した以上、われわれも他の選択などはできないということは明白である。

われわれは、われわれの成すべきことを中断することなく行っていくであろう。

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2021 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved