朝鮮社会民主党中央委代弁人 南朝鮮かいらいの「国会決議案」採択劇を嘲笑

 

【平壌9月8日発朝鮮中央通信】朝鮮社会民主党中央委員会のスポークスマンは、南朝鮮のかいらい与・野党の連中の「国会決議案」採択劇を糾弾して8日、談話を発表した。

かいらい与・野党の連中は「国会決議案」なるもので、われわれの水爆実験を朝鮮半島の安定と北東アジアの平和を脅かす「重大な挑発」に言い掛かりをつけながら、「国際社会との共助でいっそう強力かつ実効的な制裁方案を用意すべきだ」「強固な韓米同盟を土台とする備え態勢を確立すべきだ」などと悪態をついた。

スポークスマンは、これは、われわれの水爆の爆音に完全に度肝を抜かれた連中の笑止千万な醜態にすぎないと嘲笑(ちょうしょう)した。

今回、断行された大陸間弾道ロケット装着用水爆の実験は、重大な意味と重さがあるわれわれの警告を銘記せず、無分別に振る舞う米国に対する峻厳な破滅宣告であると明らかにした。

特に、今回の水爆実験の完全な成功は米国の北侵核戦争脅威に終止符を打ち、民族の自主権と朝鮮半島の安定、地域の平和を守るうえで決定的意義を持つ特大出来事であると強調した。

ところが、それでも政治家だという南朝鮮の与・野党の連中が民族の大義と民心の志向に逆行する「決議案」採択劇を演じたのは、一片の民族的良心もない連中の間抜けな妄動だと言わざるを得ないと非難した。

民族に背を向けたかいらい与・野党の烏合の衆が反故(ほご)にも劣るいわゆる「決議案」なるものを十回、百回つくり上げるとしても変わるものは一つもなく、むしろ内外のさらなる嘲笑と糾弾だけをそそることになるだろうと主張した。

スポークスマンは、南朝鮮のかいらいは共和国の戦略的地位を直視し、我が手で首を絞める愚かな妄動をやめるべきであり、むしろ口をつぐんで自重、自粛する方がよかろうと強調した。

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2022 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved