民和協代弁人 分別のある行動を取ることを南朝鮮当局に警告

 

【平壌9月8日発朝鮮中央通信】民族和解協議会のスポークスマンは南朝鮮かいらいの無分別な対決妄動を糾弾して8日、談話を発表した。

南朝鮮の執権者は、われわれの水爆実験成功の報に接するや否や慌てて「国家安全保障会議」全体会議を招集し、「国連決議違反」だの、「きわめて深刻な挑戦」だの、「強力なよう懲方案講究」だのと騒ぎ立て、米国はもちろん、周辺諸国をはじめ相手をわきまえず、「北が痛感しうる強力で実際的な対応措置を取ってくれ」と哀願しながら下品に振る舞っている。

かいらい国会と外交部、合同参謀本部、与・野党の連中も各々、われわれの水爆実験を「重大な挑発」として言い掛かりをつける「声明」なるものを発表した中、かいらい軍部ごろは空と海でわれわれの核施設などを想定した連合打撃訓練を次々と行って好戦的空威張りをしているかとすれば、米国上司に毎日のように核戦略資産を送ってくれと哀願している。

スポークスマンは、これは、われわれの戦略的地位と大勢の流れも推し量れない無分別な行動がいかに破局的な大惨事を呼びつけるかについて全く考えず、米国の盾、戦争の弾除けになって自滅を促す途方もない妄動であると嘲笑(ちょうしょう)した。

また、米国と正義の核戦争も辞さないわれわれにとって南朝鮮を相手にすることくらいは何でもないとし、次のように強調した。

血色の黄昏である米国に追従して無分別にのさばり、上司と共に永遠に破滅の奈落に転がり落ちるか、そうでないと最強の力を轟かしながら明るい未来に向かって力強く進む前途洋々たる同族と手を取り合って再生の道に入るかという責任的な時刻に、南朝鮮当局はいつもより熟考すべきであろう。

南朝鮮当局は、われわれの大陸間弾道ロケット装着用水爆実験の成功が持つ重大な意味と情勢の推移を直視して途方もない災難をもたらすたわいない対決妄動を即時中止すべきである。

根本的に変化した現実に目と耳を塞ぎ、過去の対決観念に捕われて同族対決へ疾走せず、民族の将来と統一の道がどこにあるのかをはっきり見分けて分別のある行動を取ることを南朝鮮当局に再度厳重に警告する。

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2022 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved