「労働新聞」「勤労者」誌 白頭山の攻撃精神で現在の難局を正面突破しよう

「労働新聞」「勤労者」誌 白頭山の攻撃精神で現在の難局を正面突破しよう

 

21日付けの「労働新聞」は、「労働新聞」「勤労者」誌の共同論説でこんにちの試練と難関を切り抜けてチュチェの革命偉業の勝利の活路を確信をもって切り開くためには白頭山の攻撃精神で生き、闘わなければならないと明らかにした。

同紙は、白頭山の攻撃精神、これに最も厳しい挑戦と危険極まりない難関を正面から切り抜けて不滅の英雄叙事詩をつづってきた朝鮮革命史が含蓄されており、われわれの力、朝鮮式に社会主義強国建設偉業を早めて実現することのできる根本保証があるとし、次のように強調した。

白頭山の攻撃精神は、こんにちの正面突破戦の勝利のための闘いと前進の旗印である。

白頭山の攻撃精神は、前進途上に横たわる障害と難関を正面から突破していく頑強な突撃精神であり、主体的力、内的原動力を全面的に強化して遠大な抱負と理想を実現していく自力更生の精神であり、瞬間の沈滞や足踏みもなしに革命を絶え間ない飛躍上昇へ推し進める継続前進、継続革新の精神である。

朝鮮が前進するということは、白頭の攻撃気概で突進するということであり、朝鮮が勝つということは白頭山精神が勝利するということである。

こんにちの正面突破戦はすなわち、われわれの自主権と生存権、発展権を圧殺しようとする米国とその追随勢力との熾烈な対決戦である。

白頭山の攻撃精神は、国と民族の自主権を守るためなら、たった一寸の後退や防御もなく正面から突進していく透徹した自主意識の発現である。

われわれは民族が生きるか死ぬか、国が存在するかしないかという各時点で、朝鮮革命を百戦百勝へ推し進めた白頭山の攻撃精神を霊剣にとらえてこの地に必ず富強、繁栄するチュチェの社会主義強大国をうち建てるであろう。

白頭山の攻撃精神で前代未聞の厳しい難局を正面突破し、国の自主権と最高の利益を最後まで守り抜き、自力富強、自力繁栄の活路を開こうとするのは、朝鮮労働党の揺るぎない信念、意志である。

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2020 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved