社会的関心が高まる遠隔教育

社会的関心が高まる遠隔教育

 

朝鮮で遠隔教育システムに対する社会的関心が日を追って高まっている中、これに加わって勉強する学生数が増えつつある。

金策工業総合大学の遠隔教育網はチュチェ99(2010)年10月に初めて黄海製鉄連合企業所に勤務する40名の志望者を持って遠隔教育を始めたが、現在その網の加入単位は全国的に7500余に増えた。

遠隔教育システムには、労働者、農民、活動家はもちろん、再教育を通じて国の科学技術と教育の発展に寄与しようとする科学者、技術者、教育者たちが網羅されている。

金策工業総合大学の遠隔教育大学(当時)の第1期生が卒業した後、ここ数年間平壌機械大学と張哲九平壌商業大学をはじめ他の大学からも遠隔教育を受けた大学卒業生が輩出した。

遠隔教育が現場に接近した教育として発展しており、教育の水準も日を追って向上している。

各大学では、遠隔教育運営システムをさらに発展させるための研究を深めており、同教育システムにより多くの学科と学部を網羅させている。

工場大学では、教員たちが金日成総合大学と金策工業総合大学の遠隔講義案を受け入れて教授に利用している。

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2020 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved