必勝の信念は革命の道での思想的・精神的源

 

13日付の「労働新聞」は署名入りの論説で、われわれがあらゆる挑戦と難関を果敢に乗り越えて栄えある勝利者になる道は必勝の信念を刻み付けて最後まで闘うところにあり、必勝の信念は革命家が困難かつ長期にわたる革命の道を力強く歩むようにする思想的・精神的源であると強調した。

同紙は、信念で歩む道が革命の道であり、死んでも捨てられないのが革命家の信念であるとし、次のように明らかにした。

必勝の信念は、領袖が導く革命偉業の正当性に対する確信に根本的土台を置いている。

領袖への絶対的な信頼、革命偉業の正当性を確信する人だけが、絶海の孤島でも領袖に立てた誓いを最後まで守ることができる。

白頭で切り開かれた自主の道、社会主義の道は、人民大衆の自主性を徹底的に実現し、この地に世界がうらやむ尊厳ある人民の国、天下第一の強国をうち建てるための最も正当な道である。

革命の前途に万難の試練が横たわっても一寸も退いたり、絶対に遠回りしないというのが、わが人民の揺るぎない信念、意志である。

必勝の信念は、自力に対する確固たる信頼に基づいている。

自力を信じれば最悪の逆境の中でも勝利を確信する度胸と胆力が生じるが、自力を信じなければ小さな難関にもたやすくくじける。

自分を信じる人は強者になり、他人を信じる人は弱者になる。

わが共和国の70余年の歴史は、わが人民が自力で隆盛・繁栄の道を切り開き、歳月を先取りして飛躍してきた誇るに足る歴史である。

世紀的な立ち遅れと貧窮だけが支配していたわが祖国が、世界が公認する強大な政治的・軍事的力と経済的潜在力を持つ不敗の社会主義国家として威容をとどろかすことができた根本的秘訣は、徹頭徹尾、自力を信じてそれに依拠して刻苦奮闘したところにある。

全ての活動家と党員と勤労者は、敬愛する金正恩総書記に従って進む道にもっぱら、勝利と栄光だけがあるという確固たる信念を刻み付けて、わが国家の復興のためのこんにちの闘いに邁進(まいしん)しなければならない。

 

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2021 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved