特色ある菓子―カンジョンとヤックァ

 

 

特色ある菓子―カンジョンとヤックァ

 

カンジョンは、御節料理に数えられる菓子類の一種である。

そのつくり方は次の通りである。

まず、もち米の粉を酒で捏ねて発酵させ、一定の形に捏ね上げて干し物にした後、油で揚げて水飴または蜜をまぶし、はじけさせた米を付ける。

これを「サンジャ」とも呼んだ。

はじけさせた米の代わりに胡麻、当帰粉、生姜粉、松の実の粉、胡麻粉などをまぶし粉に用いたりもした。

カンジョンは、その形とまぶし粉の材料、加工法によってさまざまなものがある。

代表的なのは、糸巻き状の「ヨンサグァ」、顔料と蜜をまぶした「カムサグァ」、固めてつくった「ピンサグァ」などである。

カンジョンは、御節料理最高の菓子であり、貴客をもてなす時や供物の膳を調える時になくてはならない食べ物であった。

ヤックァは、小麦粉、蜜、油、酒、生姜汁を混ぜて捏ね上げ、一定の大きさに切って油で揚げ蜂蜜につけた後、松の実の粉、桂皮粉をまぶしたものである。

ヤックァにはマンドゥグァ、タシクグァなどがある。

ヤックァは、油と蜜がよく配合されているので栄養に富み、甘くて美味しくバリバリする。そのため、結婚式などの家庭儀礼と祝日に広く利用された。

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2021 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved