金正恩総書記が共和国創建73周年に際して錦繍山太陽宮殿を訪れる

 

【平壌9月10日発朝鮮中央通信】栄えあるわが祖国、朝鮮民主主義人民共和国の創建日を意義深く迎える全国の人民は自主、自立、自衛で尊厳ある強国建設の新しい歴史を輝かせた金日成主席と金正日総書記に最大の敬意と最も熱い感謝のあいさつを謹んでささげている。

朝鮮労働党総書記で朝鮮民主主義人民共和国国務委員長である敬愛する金正恩同志が、李雪主女史と共に共和国創建73周年に際して9月9日、錦繍山太陽宮殿を訪れた。

朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員で朝鮮民主主義人民共和国国務委員会第1副委員長である最高人民会議常任委員会の崔龍海委員長、朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員である党中央委員会の趙甬元組織書記、朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員である金徳訓内閣総理、朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員である党中央委員会の朴正天書記をはじめとする党と政府の幹部がこれに参列した。

武力機関の責任活動家が共に参列した。

金日成主席と金正日総書記の立像に敬愛する金正恩総書記がささげる花籠が献じられた。

朝鮮労働党中央委員会、朝鮮民主主義人民共和国国務委員会、朝鮮民主主義人民共和国最高人民会議常任委員会、朝鮮民主主義人民共和国内閣の名義による花籠が各々献じられた。

金正恩総書記と尊敬する女史は、参列者と共に金日成主席と金正日総書記の立像を仰いで崇高な敬意を表した。

金日成主席と金正日総書記が生前の姿で安置されている永生ホールに立ち入った金正恩総書記と女史は、ー生をささげて真の人民の国、富強で繁栄する社会主義わが祖国を建設し、子孫万代に譲り渡した金日成主席と金正日総書記に最も敬虔(けいけん)な気持ちで謹んで永生祈願のあいさつをした。

党と政府の幹部は、偉大な金日成金正日主義国家建設思想を体して金正恩総書記の指導に従って革命発展の新しい時代、わが国家第一主義時代を輝かすための聖なる闘いに献身して党と人民が付与した責務を全うしていく決意を固めた。


홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2021 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved