わたしの祖父、父親として

(1)

 

祖国解放戦争勝利59周年を数日後に控えた2012年7月21日、金正恩同志は幹部たちにこう語った。

「わたしは参戦老兵を道義的にだけでなく、人間的にわたしの祖父、父親と考えて尊敬し、大事にしています」

参戦老兵に対する金正恩同志の骨肉にもまがう情は、年々戦勝節(7月27日)を迎えては全国の参戦老兵を親しく招き、可能な限りの愛を注ぐことにはっきりと現れている。

2012年7月、胸に勲章をきらめかせながら平壌に集まった参戦老兵たちの姿は、朝鮮の人民と青少年たちに消し難い深い余韻を残した。

金正恩同志は、戦勝節慶祝行事の参加者たちが元帥服を着用して戦勝広場の幹部壇上に立つ金日成主席の貴い映像を入れた代表証を持って行事に参加するようにし、華やかな花火夜会の観覧も行い、老兵代表たちと一緒に記念写真も撮った。

金正恩同志が陽光のような微笑をたたえて老兵代表たちの前へ現れ、熱狂的な「万歳!」の歓呼を上げる老兵代表たちの手を温かく取る光景に感動して老兵たちは一様に熱い涙で頬を濡らした。人生の大いなる栄光に浴した老兵代表たちの胸は限りなくそよいだ。

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2021 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved