国立交響楽団

 

朝鮮が日本帝国主義の植民地支配から解放された翌年の1946年に、不滅の革命頌歌『金日成将軍の歌』の演奏によってその創立を世に宣した国立交響楽団は、これまで数多くのコンサートを開き、国内と世界の有名な作曲家の数々の交響楽を奏しました。

楽団は公演活動だけ行う団体ではなく、有能な専属作曲家を擁し、朝鮮の音楽伝統に基づいて朝鮮人民の生活を反映した独創的な交響楽を創作、演奏する拠点となっています。

朝鮮の交響楽は金正日総書記の指導の下に目覚ましい発展を遂げました。

交響曲『血の海』と管弦楽『チョンサンが原に豊年が来た』『アリラン』、ピアノ協奏曲『朝鮮は一つだ』『決戦の道』、バイオリン協奏曲『思郷歌』などは、朝鮮式交響楽の礎石を築いた代表的な作品です。

楽団では、ヨーロッパのクラシック音楽をはじめ世界の数々の交響楽とともに、尹伊桑音楽のような現代音楽も演奏しています。

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2022 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved