南朝鮮と日本の各界、日本政府の恥知らずな行為を強力断罪・糾弾

 

昨年12月28日と29日南朝鮮の言論によれば、日本政府が過去朝鮮人強制徴用犯罪を見せる日本新潟県佐渡鉱山を国連教育科学文化機関(略称ユネスコ=UNESCO)の世界文化遺産対象候補と選定したことに関して南朝鮮と日本の社会各界が強力断罪・糾弾している。

佐渡鉱山は太平洋戦争当時金、銅、鉄などの戦争物資を調達する鉱山として活用されていたという。南朝鮮の「日帝強制動員被害者支援財団」の報告書によると1939年から1942年まで1200余名て朝鮮人が強制動員されたが過酷な労働に耐えかね脱出が続けられ、捕まえられると暴行された。

これに関して南朝鮮の各界は、日本政府が2015年7月端島を含ませて「明治維新」以来日本の「産業遺産」と言う23か所を世界文化遺産に登録する上で朝鮮人を強制労働させたことがあり、犠牲者を追慕する措置を取ると国際社会と約束した、「明治産業遺産」に対して朝鮮人強制労働について知らせるようにしたユネスコの志に従って2020年に「産業遺産情報センター」を設置したとは言え、日本政府は端島で朝鮮人に対する強制労働や差別などはなかったと歴史を歪曲する状況である、結局ユネスコは昨年7月日本政府が約束を忠実に履行することを求める決議文まで採択したと暴露した。そして端島での歴史歪曲を是正していない日本がまたもや佐渡鉱山を世界文化遺産に登録しようとするのは国際社会に対する明白な挑戦であると言える、世界文化遺産登録の対象期間から日本帝国主義による占領期を除外したことは強制動員の歴史を隠すための「術策」としか思われないと明らかにした。

日本の市民団体も、政府が世界文化遺産推薦資料の対象期間を戦国時代の末から江戸時代に限らせて太平洋戦争時期の朝鮮人強制動員の歴史を除外したが、佐渡鉱山を世界文化遺産に登録するためにはその歴史を含ませるべきであると主張した。佐渡鉱山を研究してきた専門家たちも、同鉱山の朝鮮人強制徴用者数が1200余名であると言っているが、佐渡鉱山の内部資料によると少なくとも2000名であったし、ああいう内容が日本の研究会で発表された、世界文化遺産に推薦すると言えば朝鮮人強制徴用という暗い歴史を排除してはならない、実際佐渡鉱山には1868年以来の施設も含まれているから歴史全体を評価しなければならないと指摘している。

ああいう事実を報道しながら言論は、日本が端島を世界文化遺産に登録すると同時に強制動員の歴史を知らせると約束したが今まで守っていない所に、またもや強制動員の史的現場を世界文化遺産に登録しようとするのは実に恥知らずだと言わざるを得ない、現当局が日本政府に世界文化遺産の候補選定を即刻撤回して佐渡鉱山が世界遺産として適していない理由と過去日本帝国主義の強制徴用の歴史をはっきり知らせて日本の恥知らずな態度に断固と対応しなければならないと主張している。


あさひ - - - 2022-01-29
歴史の真実を隠蔽しながら世界遺産登録を目指そうとする動きに断固反対します!

[관리자번역]
제목: 남조선과 일본각계 일본정부의 수치스러운 행위를 강력히 단죄규탄
이름: 아사히
내용: 력사의 진실을 인페하면서 세계유산등재를 노리는 책동을 단호히 반대합니다
感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2022 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved