挨拶の言葉を伝えるべく

(1)

2014年12月某日、金正恩総書記は朝鮮人民軍第2回軍人家族熱誠者大会参加者たちとともに朝鮮人民軍第2期第5回軍人家族芸術サークル競演に当選した軍部隊の軍人家族芸術サークル総合公演を観覧した。

大会参加者たちは総書記の歴史的な書簡『軍人家族たちは銃を手にした夫たちの頼もしい副射手になろう』を聴取していた。

軍人家族たちはこれまで最高司令官を少なからず支援してくれた、党に限りなく忠実な軍人家族の大部隊を擁していることを大きな誇りとしている、自身の胸中の最初の位置には、常に銃を手にした軍人とともにわが軍人家族がいる、というこの上なく大きな評価と信頼のこもる総書記の書簡に接して、彼女たちは感激の涙を流した。

ところがその感激が冷めやらぬうちに総書記は、彼女たちと一緒に記念撮影をし、今日はまた彼女たちを招き、軍人家族芸術サークル総合公演の観覧をともにしたのであった。

軍人家族芸術サークル員たちは、金日成主席と金正日総書記、それに金正恩総書記への極みない慕情と敬慕の念を胸にこめて、総書記が継承していく革命指導に心から従っていく軍人家族の高潔な思想的・精神的世界を格調高く謳いあげた。


山田 - 日本 - 無職 - 2021-11-04
金正恩同志の素晴らしい慕情と敬慕に感動いたしました!
感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2022 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved