苦難の行軍

苦難の行軍は、金日成主席が率いる朝鮮人民革命軍の主力部隊が、1938年12月上旬から翌年3月にかけて、折り重なる困難とたたかいながら中国東北部の南牌子から鴨緑江沿岸の国境一帯に進出した歴史的な行軍です。

苦難の行軍は、昼夜を分かたぬ血戦にもくじけず酷寒の中を強行した100余日にわたる苛烈極まる行軍であり、想像を絶する千古にたぐいのない試練の行軍でした。

朝鮮人民革命軍は、苦難の行軍を輝かしい勝利をもって締めくくり、日本帝国主義侵略者に大きな打撃を与えて朝鮮人民革命軍の威力を世に誇示し、人民に革命勝利の確信を抱かせるなど、抗日武装闘争を中心とする朝鮮革命全般を高揚させる新局面を開きました。


南虹 - 北海道千歳市 - 北陽生 - 2022-03-17
革命の偉大な首領金日成同志率いる朝鮮人民革命軍が数多の峻厳たる試練を乗り越え、日帝野郎に対し輝かしい歴史的勝利を収めたことを素晴らしいと感じます。

[관리자번역]
제목:고난의 행군

내용:혁명의 위대한 수령 김일성동지께서 이끄시는 조선인민혁명군이 험준한 시련을 헤치며 일제놈들을 때려부시고 력사적승리를 이룩한데 대하여 훌륭하다고 생각합니다.
感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2022 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved